2007年11月29日

【今日の読書】知っておきたい外貨・FXの常識

書名
知っておきたい外貨・FXの常識
著者
大竹 のり子
出版
西東社
価格
920円
ISBN
978-4-7916-1505-6
bk1
http://www.bk1.jp/product/02787559

 本日読了。投資信託の次は外貨と外国為替証拠金取引(FX)です。

posted by Dead Poet at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

珈琲豆の基礎知識

 からくりさんがエスプレッソが好きだという事だったので、先日のWLDで会った時にマキネッタをお勧めしましたのですが、勧めた以上はフォローが必要でしょう。まだ珈琲豆は購入していないようなので、まずは豆の焙煎度について。

 珈琲豆は焙煎(ロースト)して挽いたものを使うわけですが、焙煎の度合には段階があります。深入りとか浅煎りとかいうアレです。焙煎していない生の豆の事を『生豆(きまめ)』と言います。日本で膾炙している焙煎度を示す用語として以下のようなものがあります。

  1. ライト
  2. シナモンン
  3. ミディアム
  4. ハイ
  5. シティ
  6. フルシティ
  7. フレンチ
  8. イタリアン

 上のものほど浅く、下のものほど深煎りになります。ライトローストの豆は薄い茶褐色ですが、ローストが深くなればなるほど黒褐色になり、また豆の表面に油が浮いてきます。

 味の特徴としては、浅いものほど香りや酸味が強く、深いものほど苦味が増します。エスプレッソに使われる豆は、ほとんどがフルシティからイタリアン程度の深煎りのものです。
 また、どこからどこまでが深煎りで、何が浅煎りなのか、というのは店によって違うので注意して下さい。おおよそですが、ライト・シナモンローストは浅煎り、ハイ・シティローストは中煎り、フレンチ・イタリアンローストは深煎りと呼ばれる事が多いようです。

 珈琲の生豆は腐食もしなければ虫も寄りつかないので、冷暗所に保存する限りかなり長い期間、劣化せずに保存する事ができます。あまり気を使わないでも冷暗所であれば3年くらいは持つでしょう。味も変化する事はあっても劣化はしません。実際、エージングコーヒーやオールドビーンズと言って生豆の状態で5、10年寝かせて変化した風味を楽しむ珈琲もあります。
 しかし焙煎すると、酸化によってどんどん味が劣化していきます(具体的にはすっぱくなります)。常温保存なら焙煎豆の状態で1週間、冷蔵保存なら2週間という所でしょう。挽いた豆だと表面積が大きくなるため、酸化の速度はより早くなります。挽豆では常温保存で1日、冷蔵でも3日程度で風味がなくなってしまいます。

 次に豆の挽き具合です。これも明確な基準はありませんが、細挽き、中挽き、荒挽ききといったように呼ばれます。エスプレッソに使われるのは、極く細挽きと言われたりする非常に細かい挽きの豆で、小麦粉のようなパウダ状になっています。

 前述の通り、挽いた豆はそうでない豆と比べて酸化が早くあっという間に風味が落ちてしまいます。ですから、可能であれば安価なものでも自分でグラインダやミルといっ豆を挽くための道具を購入して、淹れる直前に豆を挽くのが理想です。グラインダにも色々な種類がありますが、安いものならば2000円くらいから買えます。安価なもので、お勧めはポーレックスの手動ミルです。

posted by Dead Poet at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

【今日の読書】10万円から始める投資信託入門

書名
10万円から始める投資信託入門
著者
稲葉 精三
出版
日本経済新聞社
価格
1400円
ISBN
4-532-35125-1
bk1
http://www.bk1.jp/product/02503210

 本日読了。『お金は銀行に預けるな』で金融に関する総論めいたものを読んだので、次は各論です。まずは投資信託ですね。

posted by Dead Poet at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸東京博物館

 土曜日に、両国にある江戸東京博物館に行ってきました。午後から行ったのですが、大きな混雑には合わずストレスなく観覧できました。自分が興味ある展示物が多く、じっくりと見たかったのですが相方の体力が持たず3時間で終了。全体の半分程度しか見られませんでした。またまだ見たいものがあるので、今度は1人で来ようかしら。

posted by Dead Poet at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

【今日の読書】お金は銀行に預けるな

書名
お金は銀行に預けるな
著者
勝間 和代
出版
光文社新書
価格
700円
ISBN
978-4-334-03425-2
bk1
http://www.bk1.jp/product/02939585

 本日読了。金融リテラシの本です。今の現場が証券会社のシステム部なので、多少は金融のお勉強もしましょう、という事で読んでみました。言う事を欠いて主張を押し進めていたり、牽強付会めいた部分もあります。しかし著者の主張は総体として理に適っているように見えます。僕自身は金融についてかなり無知なので、誤った理解をしている可能性が高いのですけれどね。

posted by Dead Poet at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WLD

 金曜日は人数が集らなかったのでRed Hand of Doomを中止にしてWLDをプレイしました。いろいろ偶然が重なって、かなり厳しいエンカウンタが連続しました。全滅が目の前まで迫ったシーンもありましたが、死者を出しつつも何とかクリアしました。

posted by Dead Poet at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

【今日の読書】三角形の第四辺

書名
三角形の第四辺
著者
エラリー・クイーン
訳者
青田 勝
出版
ハヤカワ文庫
価格
720円
ISBN
4-15-070124-5
bk1
http://www.bk1.jp/product/00164408

 本日読了。

posted by Dead Poet at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

Machinetta

 マキネッタを購入しました。マキネッタというのは直火式のエスプレッソメーカの事です(マキネッタの概観と仕組み)。

 僕は普段ネルかペーパでドリップして珈琲を淹れています。エスプレッソにはあまり興味はないのですが、マキネッタという道具に興味を持ちました。これならパーコレータよりは美味しく、ワイルダネスでの珈琲が楽しめそうな気がするのです。あとマキネッタの動作原理って理科の実験のようで楽しいですよね。ですから、それが動いているのを目の前で見てみたいというのもあました。

 新宿の山本珈琲でBIALETTIのマキネッタを購入したのですが、おまけでBIALETTIのクリームメーカを貰いました。ラッキィです。これがあればカプチーノやらが作れるので面白くなります。

posted by Dead Poet at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

【今日の読書】孤独の島

書名
孤独の島
著者
エラリー・クイーン
訳者
青田 勝
出版
ハヤカワ文庫
価格
680円
ISBN
4-15-070122-9
bk1
http://www.bk1.jp/product/00164430

 本日読了。シリーズ外作品です。

posted by Dead Poet at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

Cormyr: The Tearing of the Weave 2

 土曜日はFRキャンペーンの2回目でした。前回手に入れた『改造人間輸出ルートマップ』を元に悪の根源を根絶やしにするための旅に出ました。参加者は以下の通り。

  • デセイラス, Martial4, Catfolk
  • リューオーン, Rog1/Swashbuckler1/Swordsage1, Human(Draconic Template)
  • オライゼン, Ftr1/Clr4 of Ogma, Gold Dwarf
  • マンフレート, Clr4 of Selune, Human(Draconic Template)
  • ミディール, Wiz4/Clr1 of Isis, Illumian

 パーティに普通の人間が1人もいませんね。

posted by Dead Poet at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

【今日の読書】うまい犯罪、しゃれた殺人

書名
うまい犯罪、しゃれた殺人
著者
ヘンリイ・スレッサー
訳者
高橋 泰邦
出版
ハヤカワ文庫
価格
780円
ISBN
4-15-072853-4
bk1
http://www.bk1.jp/product/02464957

 本日読了。

posted by Dead Poet at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

【今日の読書】Confessions of a Part-Time Sorceress

書名
Confessions of a Part-Time Sorceress
著者
Shelly Mazzanoble
出版
Wizards of the Coast
価格
$12.95
ISBN
978-0786947263
Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/0786947268/

 本日読了。僕の残念な塩梅の英語力では、まともに理解できた英文は半分以下ですが、それなりに楽しめました。ダークエルフ物語やアイスウィンドサーガの著者であるサルバトーレとその奥さんが序文を書いています。

追記

 5人の女の子らしい女の子("girly girl"と表現されている)が、D&Dに挑戦するのですがDMを勤めるのはベテランD&DゲーマのTeddyです。

 紆余曲折、艱難辛苦、千変万化、焼肉定食を経て初プレイへと至るのですが、その模様が酷い有様です。5人の女性はてんで人の話を聞かず自分の好きな事を勝手気儘にやろうとします。Sharnの町中でショッピングモールを探してブランドものの靴を買いに行こうとかいったりします。その時Teddyが

「Sharnにはショッピングモールなんてないよ。ここは中世みたいな世界なんだ」

と言うのですがプレイヤの一人が言います。

「DMであるあなたは私達の運命(fate)をコントロールできるのだからどうにでもなるでしょ」

 これに対してTeddyは至言を持って応じます。僕の不完全な日本語訳ではなく原文のまま伝えましょう。

"The dice are in control of your fate," Teddy says, "Not me" (p.55)

 すばらしい。

posted by Dead Poet at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

【今日の読書】二百万ドルの死者

書名
二百万ドルの死者
著者
エラリー・クイーン
訳者
青田 勝
出版
ハヤカワ文庫
価格
560円
ISBN
4-15-070120-2
bk1
http://www.bk1.jp/product/00164444

 本日読了。シリーズ外作品です。なんか他のクイーン作品と雰囲気が違うなと思ったら、一人称視点が多いのですね。

posted by Dead Poet at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

Anauroch and Confessions of a Part-Time Sorceress

 Amazonで注文した『Anauroch』と『Confessions of a Part-Time Sorceress』が届きました。前者はFRのシナリオですね。3部作の最後になります。後者はDACで話しを聞いて以来気になっていた本です。D&Dなんて知らないという、一般的なアメリカ人女性をD&Dにプレイさせてみた、その顛末を綴った話しだとか。副題が『A girl's guide to the Dungeons & Dragons game』とありますから、D&Dの紹介も兼ねているようです。

posted by Dead Poet at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

【今日の読書】九尾の猫

書名
九尾の猫
著者
エラリー・クイーン
訳者
大庭 忠男
出版
ハヤカワ文庫
価格
720円
ISBN
4-15-070118-0
bk1
http://www.bk1.jp/product/00127529

 本日読了。

posted by Dead Poet at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

Nightmare

 久々に悪夢を見ました。しかもかなり例外的な内容。僕が見る悪夢というのは今までは2パターンしかなくて

  1. ひたすら何か恐しい者に追いかけられる
  2. 高所から落下する

というものばかりです。しかし今回は何と「実の弟に包丁で腹を刺される」というもの。流石にビックリして目覚めました。帰宅した時点で体調が悪かった事も重なって結局2時間も眠れず。

posted by Dead Poet at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

Shackled City 25

 昨日は2年続いているShackled Cityキャンペーンの日でした。Shackled City自体のシナリオは終了しているのですが、PCが21レベル(Epic)にならないと次期Demon Lord候補のキャラクタに対して失墜したとあるDemon Lordから延々と刺客が送られてくる状況です。これを解決するには次期Demon Lord候補のキャラクタがEpicになり正式なDemon Lordにならないといけません。その為にキャンペーン終了後もDMオリジナルのシナリオを続けているわけです。ちなみに次期Demon Lordのキャラクタは僕のPCです。今回のシナリオで漸く20レベルになりました。参加者は以下の通り。

  • アルフラート, Strong-arm style Ranger1 / Implacable Barbarian2 / Pugilist2 / Swashbuckler1 / Wild Runner2 / Champion of Corellon Larethian2 / Dragon Devotee3 / Crusader1 / Eternal Blade3 / Warblade1 / Duskblade1, Fire Elf
  • キネス, Generalist(Anti-magic domain)6 / Olin Giser4 / Incantatrix10, Fire Elf
  • ジ・ゾゥ, Clr19 / Wiz1, Human
  • ディラン, Fighter6 / Psychic Warrior2 / Darvish6 / Incarnum Blade3 / Lion Spiritual Totem Barbarian1 / Variant Rogue1 / Crusader1
posted by Dead Poet at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。