2008年02月25日

HJコン

 唐突に土日の予定が空いたので日曜日はHJコンへ行ってきました。当然予約はしていませんが『この強風なら電車止まって来られない人がいるからキャンセル待ちの当日参加でも大丈夫だろ』という推論の元に突撃。と言いつつメインの目的は物販スペースで『イン・ファイティング』の日本語版を先行入手する事だったりします。

 11時丁度に会場に到着したので、ほえほえさんやR2さんと軽くお喋りしつつ20分間待機。案の定キャンセルが発生したようで本格冒険卓の3番に参加できました。

 シナリオの詳細には触れませんがトーチポート関連のものでした。僕が参加した卓はDMの温情もありグッドエンドルートとして終えられたのですが、他の卓はバッドエンドを迎えた所も多かったようです(僕が確認しただけでも6卓中3卓)。ちなみにプレロールドキャラクタは以下の通り。

  • Dwarf Fighter4

     L size Dwarven Waraxeを持ったダメージディーラ。Power Attack、Cleave持ち。ただ計算すれば分かるけどL size Weaponを持った時とM sizeで2点Power Attackをした時って期待値0.5しか変わらないのよね。

  • Human Fighter4

     Spiked Chain持ちのTirpper。所持金の大半を消費してGauntlet of Ogre Powerを購入しているため武器がMagicalではない。

  • Dwarf Cleric4

     Flanker。Dodge、Mobility持ち。Farlanghn信仰なのでTravel DomainによるLongstriderで移動力アップ。Human Fighterを差し置いてMagical Weaponを持っているのにStrは13。謎。

  • Human Cleric4

     Healer。唯一のWand of Cure Light Wounds持ち。

  • Halfling Rogue4

     Point Blank Shot、Presice Shot持ち。Disable Deviceなんかもちゃんと振ってあったけど罠って出てきたっけ? 多分、今回のプレロールドの中では一番活躍し辛い。もうちょっと上手く作ってDwarf Clericの変わりにFlankerにするべき。

  • Human Wizard4

     Point Blank Shot、Presice Shot持ち。Ray Shooterらしい。Spellbookの中身(つーかDaily Spellも選択の余地なしだったけど)が残念な感じでした。よく、あんなWizardで4レベルまで生存できたなと思いました。人生で初めてSlotにHold Portalが入っているキャラクタをやりましたよ。使うタイミングはシナリオ中に1度もありませんでしたけどね。

 ちなみにClericもPrepare Spellは事前に決定されていて、それを使うという状況でした。

 シナリオ自体はショートダンジョンで、厳しめのエンカウンタが続くので楽しかったですね。最後の戦闘なんてEL10だしなー。

 そう言えばHJコンでは参加者に名札が渡されて、それに当日プレイするキャラクタ名とプレイヤの名前を書くようになっています。僕は奥床しい人間なので奇態なハンドルではなくて本名を書いたのですが、5秒でパワープレイヤだとバレました。なんで?

 セッション後のトークショウには興味無かったんだけど、更にその後の飲み会には参加する予定だったので、とりあえず聞いてみた。どうやらリプレイは売上好調で3月の『きゃらの!』には続編が掲載されるようです。

posted by Dead Poet at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。