2008年08月31日

BROMPTONにサイコン

 ついにBROMPTONにサイクルコンピュータを付けました。CATEYEのワイヤ レスSTRADA(CC-RD300W)です。センサから本体までの距離が規定数値ギリギリ なので心配でしたが、なんとか大丈夫のようです。200kmほど走りましたが、 大きな問題はありません。本体表面をクリックするとモードが変わるClickTec は便利ですね。本体もセンサもCC-MC100Wと比べるとコンパクトになりました し。

Cycle Computer

Sencor

posted by Dead Poet at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

【今日の読書】剣よ、さらば

書名
剣よ、さらば
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4014-5
bk1
http://www.bk1.jp/product/02037742

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の11巻目、最終巻です。うーん素晴しい。『ポルトスの遺言』の章もかなり感動的でしたが、やっぱり最後の最後のエピローグでしょうか。

 歓喜に酔ったダルタニャンが合図すると、使者は小箱を手にして近づいて来た。だが、元帥がその小箱を眺めようと身をかがめた時、城壁の上で猛烈な爆発音が起こり、元帥の注意を町の方に向けさせた。
(中略)
 ダルタニャンは腕を伸ばし、その小箱を開けようとした。その瞬間、町の方角から発射された敵の一弾が将校の腕に抱えられた箱を射ち砕き、ダルタニャンの胸の真っ只中に命中した。ダルタニャンはどうと倒れた。百合の紋章のついた元帥杖は砕け散った箱から転げ落ち、次第に力の抜けて行く元帥の手の下でぴたりと止まった。
(中略)
 ダルタニャンは金の百合の花の刺繍をした元帥杖を、痙攣する手で握りしめた。すでに天を仰ぐ力をなくなった目をその元帥杖の上に向け、奇妙な言葉をつぶやきながら、ばったりと倒れた。
(中略)
「アトスよ、ポルトスよ、また会おうぜ!……アラミスよ、永遠にさようなら!」
posted by Dead Poet at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

BROMPTON新型左クランク

 ブロンプトンの新型左クランクが出ましたね。2009モデルからは標準で装備されるらしいのですが、このクランクにはストッパが付いていてブロンプトンの折りたたみペダルが内側に倒れ過ぎないようになっています。

 2008年以前のモデルの左ペダルは以下の写真のように、どこまでも内側に倒れていきます。これでフレームを傷付けてしまった人も多い筈です。

old left crank

 以下が新型クランク装着時の写真です。黄い線で囲った所を見るとクランクの内側の突起がある事が分かると思います。この突起がある事で、ペダルが内側に入り過ぎるのを防いでくれるのです。

new left crank

posted by Dead Poet at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

【今日の読書】鉄仮面

書名
鉄仮面
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4013-7
bk1
http://www.bk1.jp/product/02037741

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の10巻目です。ダルタニャン物語の中では、第1部の三銃士に続いて有名な鉄仮面の話です。しかし前巻あたりから、フランスの宮廷人は宴会してばかりですが、国事が疎かになったりしないのかね。

posted by Dead Poet at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

【4th】Monster Roles

 忘れた頃にD&D4thの備忘録用まとめ。PHBの内容とかすっとばしていますが、PLにしろDMにしろ早急に理解した方が良い項目なので、いきなりDMGのMonster Roleにいきます。

 MonsterにはそれぞれPCのそれに似た戦闘中の役割が割り当てられています。Artillery、Brute、Controller、Lurker、Minion、Skirmisher、Soldier、Leaderといったものです。またMonsterにはLevel以外に強度があります。Standard、Minion、Elite、Soloというのが強度です。DMGの54-55ページにこれらの事が書かれています。DMGでは僕の言う強度と役割を一緒くたに扱っていますが、別の軸だと考えた方が分かりやすいと思います(だたしMinionは意味的に役割であり強度でもあります)。

 Monster Manualを見ると、Creature名の横にレベルと強度・役割が書かれています。Marilithならば『Level 24 Elite Skirmisher』となります。では、それぞれの意味の説明を簡単にまとめましょう。

Artillery
辞書を引いてみれば『砲兵』という意味だと言う事が分かります。その通りのRanged Attackerを指しています。ただしFireballのようなArea AttackもArtilleryの仕事に入ります。高いRanged Attack能力とRanged Attackに対する防御能力を持ちますが、Meleeに弱い傾向にあります。
Brute
Melee Damage Dealerの事です。高いMelee Attack能力と高いヒットポイントを持ちますが、全体的に防御力が低くなっています。バーサーカですね。
Controller
PCのControllerとほぼ同じですが、PC側にはMinionがいないためArea Attack能力を必ず持っているわけではありません。地形や天候を変化させて戦況を有利にしたり、敵味方のポジションを変化させたりする役割です。
Lurker
隠れた状態からPCの弱い部分を攻める役割です。Assassinですね。
Minion
雑魚です。HPは1しかなく攻撃が当たった瞬間に死にます。しかし攻撃力や防御力は特別劣るわけではありません。PCがブライトさんの気分を味わう為の存在です。『薙ぎ払え!!』。
Skirmisher
移動して有利なポジションを取って攻撃する役割です。前衛を迂回して後衛を殴るとかですね。
Soldier
所謂Tank、壁役です。PCのDefenderに近いですね。高い防御能力と平均的なヒットポイントを持ちますが、攻撃力はそこそこでしかありません。Mark能力を持っている事も多々あります。
Leader
PCのLeaderと同じように味方を支援する能力を持ちます。これは単一の役割ではなく他の役割と合せ持つものです。例えばKobold Wyrmpriestは『Level 3 Artillery(Leader)』です。

 次に強度です。

Standard
これが基準点です。
Minion
雑魚。倒して得られる経験点はStandardの20%です。
Elite
中ボスクラスのCreatureです。Standardの倍の経験点を貰えます。
Solo
セッションのラスボスですね。Standardの5倍の経験点です。ちなみにChromatic Dragonは全部Solo Creatureです。BlackがLurker、BlueがArtillery、GreenがController、RedがSoldier、WhiteがBruteです。
posted by Dead Poet at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

【今日の読書】三つの恋の物語

書名
三つの恋の物語
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4012-9
bk1
http://www.bk1.jp/product/02037740

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の9巻目です。

posted by Dead Poet at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

レインボーブリッジを渡る

Rainbow bridge in a night

 レインボーブリッジというのは皆さんご存知の通り、芝浦とお台場を結ぶ橋です。この橋なんですが、東京23区南部に住む自転車乗りとしては非常に悩ましい存在だったりします。
 自転車というのは原則として車道(の左側)を走るものなのですが、レインボーブリッジの車道は自転車走行不可です。じゃあ歩道を、と思うと歩道も自転車は走行不可です。んでは自転車を押して歩道を歩こうかと考えると、なんとそれも不可。自転車を持って渡るためには、自転車専用の袋(輪行袋)に入れた上で持って歩かなければいけません。

 地図を眺めれば即座に分かる事ですが、品川辺りからお台場に出るにはレインボーブリッジを渡るのがほぼ最短距離です(もしくは首都高湾岸線)。ここを通らずに自転車で品川からお台場に行こうとしたら、築地から晴海経由という遠回りな道か或いはゆりかもめを使って輪行するしかありません。
 かといって、電車やらに乗るわけでもないのに輪行袋に入れた重い自転車を持って橋を渡るなんて業腹にも程があります。

 そこで考えたのがバスでの短距離輪行です。都営バスには虹01系という浜松町と国際展示場を結ぶ路線があります。これを使ってレインボーブリッジの出入口付近にある停留所間だけを輪行するわけです。

 ブロンプトンならば、

バス停まで自転車でアプローチ

その場で折りたたみイージーカバーに包む

乗車

下車

イージーカバーを外し組み立て

サイクリング再開

という工程が簡単に行なえます。芝浦埠頭駅入口停留所で乗車してお台場海浜公園駅前停留所で下車すればバスに乗っているのは10分未満です。

 問題はこの路線が休日にどの程度混雑しているかでしょう。空気の読める自転車乗りとしては混んでいる電車やバスを輪行に使うわけにはいきませんからね。

posted by Dead Poet at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

【4th】Tresure of Talon Pass

 土曜日はD&D4thのセッションでした。DMはからくりさん。シナリオは2008年6月に開催されたD&D Game Dayのもの。WotCのサイトからダウンロードできます。参加者は以下の通り。

  • トクトク, Rogue2, Halfling, さるしんごさん
  • シャーカーン, Warlord2, Air Genasi*1, つかださん
  • ヴァレネイ, Swordsmage2*2, Eladrin, つかださん
  • イゾルデ, Wizard2, Eladrin, 死せる詩人
  • トリスタン, Ranger2, Human, 死せる詩人

 シナリオはトリッキイなダンジョンものです。エンカウンタは全部で9つ。1日のセッションでプレイするにはやや重いですかね。互いに馴れたプレイヤ同士で、全員がルールを把握していればこなせるとは思いますが。実際、僕等は12時ちょっと前にプレイ開始して、19時には全部終了しましたし。

posted by Dead Poet at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

【今日の読書】華麗なる饗宴

書名
華麗なる饗宴
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4011-0
bk1
http://www.bk1.jp/product/02025905

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の8巻目です。

posted by Dead Poet at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

【今日の読書】ノートル・ダムの居酒屋

書名
ノートル・ダムの居酒屋
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4010-2
bk1
http://www.bk1.jp/product/0202\ 5904

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の7巻目です。しかし、このブッキングから復刊され本、製本の質が悪いですね。僕はどちらかと言えば書籍を大切に扱う方ですが、既に背が裂けそうな巻があります。

posted by Dead Poet at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

【今日の読書】将軍と二つの影

書名
将軍と二つの影
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4009-9
bk1
http://www.bk1.jp/product/02025903

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の6巻目です。ここからが最も長い第3部となります。第1部のサブタイトルは《三銃士》、第2部が《二十年後》、第3部が《ブラジェロンヌ子爵》となっています。ブラジェロンヌ子爵というのはアトスの息子です。年代的には第2部の10年後となっています。ちなみに、ダルタニャンとシラノ・ドウ・ベルジュラックが活躍する佐藤賢一の小説『二人のガスコン』は第1部の10年後が舞台です。

posted by Dead Poet at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

 うーん、ギックリ腰になってしまったかもしれん。3日程前、風呂に入っている時に腰に刺すような痛みを感じて以来痛くてしょうがない。寝っころがっていても若干痛い。痛みのせいで、上半身を腰で支える事ができないし。
 先日、マッサージには行ってきたけど、症状は大きく改善せず(柿沼治療院行ったよ>takesu)。日曜は外来休みだから、明日の朝にでも整形外科に行ってみよう……。頚椎椎間板ヘルニアじゃないと良いけど。

posted by Dead Poet at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

もて余す

 叔父叔母夫婦が京都旅行に行った際に、京都にある有名(らしい)コーヒー 屋で豆をお土産に買ってきてくれました。大変有り難い事なのですが、ちと困っ ています。どうやらその店のフラッグシップモデルらしいブレンド豆を購入し てきてくれたのですが、この豆、やや浅煎りの酸味が強い豆なんですよね。酸 味の強い豆はアイスコーヒーにしても美味しくないし、アフォガードみたいに してアイスと合わせるにもパンチが足りない……。かといって猛暑続きのこの 時期にホットを飲む気にもなれないし。うーん、どうしたものか。

posted by Dead Poet at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

【今日の読書】復讐鬼

書名
復讐鬼
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4008-0
bk1
http://www.bk1.jp/product/02025902

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の5巻目です。これで第2部が終了。大デュマはやっぱり凄いですね。結構な長さの話なのに、展開が早いので全然飽きません。元が新聞連載だったからでしょうか。

posted by Dead Poet at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

【今日の読書】若獅子の戦賦 雷鳴山編

書名
若獅子の戦賦 雷鳴山編
著者
柳田 真坂樹
出版
ホビージャパン
価格
850円
ISBN
978-4-89425-748-1
bk1
http://www.bk1.jp/product/03022398

 本日読了。昼休みにOAZOまで行って購入。んで昼休み中に読了。

posted by Dead Poet at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日の読書】謎の修道僧

書名
謎の修道僧
著者
A・デュマ
訳者
鈴木 力衛
出版
ブッキング
価格
2000円
ISBN
4-8354-4007-2
bk1
http://www.bk1.jp/product/02025901

 本日読了。〈ダルタニャン物語〉の4巻目です。

posted by Dead Poet at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

Red Hand of Doom 8

 今日はRed Hand of DoomのDMでした。今回から5章に突入です。午後までプレイヤが揃わなかったので、午前中はThree Dragon Anteです。参加者は以下の通り。

  • Clip, Rgr1/Duskblade1/Bbn1/Ftr1/Crusader1/Swordsage2/Warblade1, Whisper Gnome(Minor Demon Bloodline), さるしんごさん
  • Petiplus, Rgr10, Human, 満月
  • Boom, Warblade10, Human, 画伯
  • Kachua, Pal8/Crusader1/Horseman1, Dragonborn Human(Minor Cloud Giant Bloodline), からくりさん
posted by Dead Poet at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

BROMPTON走行距離まとめ

  • 7/01 自宅→大手町→川崎→自宅 55km
  • 7/02 自宅→大手町往復 40km
  • 7/09 自宅→大手町往復 40km
  • 7/10 自宅→大手町→六本木→大手町→自宅 50km
  • 7/20 自宅→上野往復 50km
  • 7/23 自宅→大手町→秋葉原→自宅 往復 50km
  • 7/29 自宅→川崎往復 15km

 合計で300kmですね。積算で1800km強ってところでしょうか。見た所、まだタイヤが持ちそうな感じなんですよね。グリップも悪くないですし。どれくらい持つことやら。

posted by Dead Poet at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。