2009年02月28日

黄泉へと続く穴

 予定地

 本日、仔だぬき蕎麦本店が出しているフリーダウンロードシナリオの『黄泉へと続く穴(Hole that leads to Hades)』をプレイしました。僕がDMです。参加者は以下の通り。なんつうかPHB2祭りですね(注、PHB2はまだ英語版も発売していません)。

  • [Controller], Druid1*1, Elf, ほえほえさん
  • [Leader], Bard1*2, Half-elf, からくりさん
  • [Striker], Barbarian1*3, Orc, つかださん
  • [Defender], Fighter1, Warforged*4, 満月
  1. PHB2で追加されるクラス。割と前に出るタイプのController。
  2. PHB2で追加されるクラス。Leader。
  3. PHB2で追加されるクラス。
  4. Dragon #364に掲載されたRace。

 シナリオは短かめです。戦闘遭遇は6回。12時ちょい前に始めて途中コーヒーブレイクを挟みつつ17時半には終了してしまったので、全員2レベルに上昇してもらった後おまけで5LV Soloと戦ってみました。危げなくクリアです。

 いろいろと印象に残った事。

  • 3[W]のdailyパワーでクリティカルは痺れる。DefenderのFighterでも30半ば、Barbarian(Fullblade使い)に至っては60ダメージを1撃で叩き出していました。
  • Bardは現時点で最大の回復能力を持ったLeaderっぽい。ただパーティ構成によっては相性が悪かも。
  • Druidはなかなか優秀。Controllerの割にACは高いし、敵を弱体化させる能力が豊富。
  • このシナリオはコンパクトだし、コンポーネントもしっかりしていて良い。ただ4Eが推奨している特殊な環境下(難地形とか)での戦闘が少ない。運用に疑問のある遭遇もある(八角形の部屋はシナリオの思惑通りには、まず進まないと思う)。

 追加のSolo戦を終えた時点で18時半だったので20時過ぎまでThree Dragon Anteをプレイして終了です。



posted by Dead Poet at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。