2009年05月12日

【今日の読書】第一阿房列車

書名
第一阿房列車
著者
内田 百間(間は本来、門構えの中に月の字)
出版
新潮文庫
価格
476円
ISBN
4-10-135633-5
bk1
http://www.bk1.jp/product/02315667

 本日読了。僕は百間と言われても漱石の門下生だった人くらいの印象しかありませんでした。この前漫画喫茶に行ったら一條裕子なる人の手により本書の中の『特別阿房列車』と『区間阿房列車』が漫画化されたものがあり、それを読んで原作に興味を持ったのです。

posted by Dead Poet at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。