2009年07月16日

最近のBrompton M5R

 改造部位の写真とか載せようと思ったんですが、面倒なので文章のみでしかも箇条書き。

●Dymotec 6の問題点発覚(Dymotec 6全体の問題ではなく僕の持っている個体だけの問題かもしれない事に注意)

 なんと、Brompton標準のダイナモよりも自動点灯(衝撃で勝手にダイナモがONになってしまうやつ)しやすい。

 ローラ部の転がり抵抗が軽すぎて雨の時に、スリップしてしまい発電し辛い(或いは、できない)。抵抗を調整できるのでもっと重くすればスリップしなくなるかも(まだ試せていない)。

●引き足が使いたいのでPower Gripを付けた。

 Brompton標準の左ペダル(折り畳みペダル)に付けるのは、螺子切りが必要なので面倒。和田サイクルで取り付けをお願いした。ちなみにPower Grip、国内では流通在庫が残るのみなので、僕はebayで購入(1セット25ドル)。更に以前国内で売っていたPower Gripは旧型で、今海外で販売されているものとは違う(新型はストラップの締まり具合を無段階で調節可能になっている)。

●ダイナモからテールライトまでの配線を交換。

 リアが点灯しなくなったので、調べてみたら断線していた。Bici Terminiで買った丈夫なケーブルに変更。しかしテールライトの接点が、そのままでは上手く取り付けられなかったので、ファストン端子にして無理矢理付けた。

●Pantour Suspention Hubのエラストマ交換

 エラストマがへたってきたので交換。エラストマは米Pantour本社から購入可能。1セット10ドル。

●Pantour Suspention Hubのせいで折り畳んだ時前輪が接地する問題を解消

 これは写真が無いと駄目かな……。

posted by Dead Poet at 10:49| Comment(8) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

>Dymotec
自動点灯しやすいっていうのが意外でした。
うちでは今のところ、そういう現象は起きてません。
雨天時のすべりはそういう状況でまだ使ってないので、なんとも言えませんね。

ケーブルはクラモのKVC-36の2芯を使ってます。
ロボットケーブルまでは必要ないかなあと。
Posted by otake at 2009年07月16日 23:30
●otakeさん

 どもです。otakeさんのDymotecがどうなのか気になってました。こういうのはいろんな事例を検討しないとだめですからね。参考になります。

 雨天の時なんですが、Dymotecには別売りでwaterproof rollerというのがあるぐらいなので、メーカ側もある程度スリップする事を前提にしてるんじゃないか、と考えています。転がりが軽いっていうのとトレードオフですよね。

※ただwaterproof rollerを使うと、タイヤのダイナモ当たり面が凄く痛むらしいです。和田サイクルの店員さんに聞きました。
Posted by 死せる詩人 at 2009年07月17日 10:52
waterproof rollerというのがあるのですね。
良いことを聞きました。
でも、タイヤが痛むのはいただけませんね。
DymotecをBROMPTONで使ってる人は少数だと思うので、他の自転車で使われてる方を含めて事例を聞きたいですね。
Posted by otake at 2009年07月19日 09:03
●otakeさん

 どもです。そもそも国内のWebサイトでは、Dymotecを使っている人をあまり見掛けませんね。僕が知っているのは、Bike FridayのPocket Llamaに取り付けている人と、ツバサのランドナーに付けていた人だけです。
Posted by 死せる詩人 at 2009年07月19日 12:52
僕も一時期可成り調べまくりました。
勿論いつもそうします。5速、パンツァーのハブ
サスペンション、ダイナモ、前照灯と尾灯。
今付けてるのは全て納得ずくのものです。S−6も
案外海外で使ってる人が少なく結局今の所は純正に
しています。ノードリヒトのダイナモもあるお店に
紹介はしましたが購入してません。

そう言う中で実証主義の詩人さんのブログは
大変頼りになります。ブロに関するブログは情緒的
なモノが多く個人の主観が強烈なものが多く、悪く言うと
情報としてはあてに成らないのが多いのですが、
詩人さんのは一線を画した感があります。

ダイモテックの雨天様のローラーって確か金属製ツメ
と言うかスタッドみたいなんが着いた様なヤツでは
無かったですか?あれは太いタイヤなら行けそう
ですよね。

あとハブサスのその後の詳細を楽しみにしています。
矢張り、早いようですねエラストマの消耗は。
Posted by Xinyi Folders at 2009年07月21日 21:23
●Xinyi Foldersさん

 どもです。

 僕みたいな実証主義というか、なんでも自分で実際に比較検討しないと気が済まないというのは少数派かもしれませんね。だいたい、金も時間もかかりますし、普通はそんな事嫌です。
 そもそも、大抵の人は自分が購入したものは誉めますよね。その方が良い物を買った・自分は買い物上手だという気になれて満足感が得られます。それにブログのような公の場でそういう「良かった」という意見を表明すると、場の性質上その「良かった」を助長するような他人の意見も集まります(従って購入者は更に満足感が増大する)。
 公にされていて一定の実名性があり、ブログや掲示板のような自分が書いた意見が残る場では、書いた本人が満足していると覚しき肯定的な意見に他者が批判的な言葉を残すと、その他者の評価はコミュニティの中でどんどん下っていく傾向にあります。この事実が批判者の意見にバイアスになるので、結果的に良かった探しをする文章には、それを褒め称えるような言質が集まってしまうわけです。僕は密かにこれを「誉め合いの連鎖」と呼んでいますが、これが気持ち悪くて仕方ありません。

 だた、そういった個人の主観が強烈なブログであっても、書いた人の視点を認識した上で収集する限りは十分に有意な標本になると思います。例え散文的な実証を詳細に行なっている意見でも、値がそれ1つでは無意味です。状況を少しずつ変えて、様々な観察を行なってその結果を考察しなければ駄目なわけです。

 つまらない事を長々と書いてしまいました。

 閑話休題。エストラマの方ですが、消耗についてはなんとも言えません。消耗したから新しいものに交換した、というよりは、消耗しているかどうか確かめるために新品の状態を再確認したかったので交換したからです。結論だけ言うと、3000kmなら交換の必要は無いかもしれません。もう少し使えそうな気がします。
Posted by 死せる詩人 at 2009年07月21日 22:04
>僕は密かにこれを「誉め合いの連鎖」と呼んでいますが、これが気持ち悪くて仕方ありません。

これ僕もそう思います。
ブログと言うのは、色々な意見の発信にとても役に立つ
とは、思うのですが実際はコピペばっかりで自分で調べたり、
調整して意見を述べたりしてる人と言うのは圧倒的に
少ないですね。また、粗悪な雑誌の記事やコピー、
スローガンをまねてるものが人気が出てネット上では
カリスマと成ります。僕もこう言うのが不気味な感じが
してダメですね。だからもう、雑誌をまねて「レビュー」
とか書いてる様なのは何となく信用出来ない気分になります。

>書いた人の視点を認識した上で収集する限りは十分に有意な標本になると思います。

僕もそう思います。読み物として面白いものもありますし、
タカがブログに多くを求めても仕方が無いと言う意見も
ありますが、今のブログと言うのはある意味、庶民の
実際を写す有益な道具とも思います。

>結論だけ言うと、3000kmなら交換の必要は無いかもしれません。もう少し使えそうな気がします。

成る程。ところで実際には長距離の体感などは変わり
ましたか? それと画像入りでの説明も楽しみに
しています。
Posted by Xinyi Folders at 2009年07月22日 22:46
●Xinyi Foldersさん

 どもです。長距離での体感なんですが、まだ得られていません。僕の場合、事前に長距離(100km超)走る事が分かっていると、より楽に走れるランドナーに乗ってしまうせいなんですが。いまのサスペンションハブを入れてからの最高距離は70km弱って所です。
 一度、元のホイールはめて走ってみましょうかね。それが一番手っ取り早い比較なので。
Posted by 死せる詩人 at 2009年07月22日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。