2010年02月15日

ママチャリで30km

 日曜日は、ママチャリをツレに譲渡するため自宅から板橋まで輸送を兼ねたサイクリングをしました。僕のママチャリは、非日本製(たぶん中国)の19800円のもので、26 1 3/8インチのホイール、変速無し、前かご、後キャリアというごく標準的な装備です。
 弄った部分は殆どなくて、シートポストを50mm長い物に変えたのと、ダイナモライトを最初から付いていた安くて質の悪いものから、マグボーイという回転が軽くて玉切れし難いLEDのものに変更しているだけです。
 シートポストを長くしたお陰でシート高は比較的良い感じになっています。

 これで、自宅を出発し国道15号を日本橋まで北上→皇居沿いに一橋→白山通りを北上という経路で板橋まで行きました。15号の品川当たりに坂がある以外は殆ど平坦な道です。8割は車道を走りましたが特に危ない所もなく、iPhoneのGPSソフトで見るとだいたい時速15kmで走っていたようです。
 途中で昼飯を喰った時間を除くと2時間15分で30km走れました。最初は3時間くらいかかるかと思っていたのですが以外と早い。サドルも十分高くしていたので変に下半身が疲労する事もなし。これくらいの短い距離ならママチャリでも十分に快適に走れますね(ちゃんと整備されている事、最低でもサドルの高さは適切に調節する事が条件かな)。安かろう悪かろうの自転車ではなくて、ブリヂストンとかミヤタ、パナソニックあたりの3万円程度のしっかりした作りの自転車ならもっと楽でしょう。

 ちなみに、マグボーイというダイナモライトですが、これは素晴しい製品です。性能のわり定価2500円と安いですし、停止時も1分間は赤点滅するスタンドライト機能もあります。回転は軽く音も静かです。普通のダイナモが3Wとか2.4Wなのに、マグボーイは1.2Wだから軽いのも静かなのも道理。一方出力は低いのに、輝度は3Wの(安い)ブロックダイナモより明いくらいです。

posted by Dead Poet at 17:29| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も若かりし頃…(12,3年前)に同じようなことをやりました。神奈川県は藤沢から東京の青梅まで彼女の自転車を乗って届けるということをしました。メーカは忘れましたがフツーのママチャリでした。たしかサドルが高くならずペダリングが苦しかった記憶があります。アップダウンの激しい道のりで、終盤はケツが痛くなり太ももも痛くなりしんどかった記憶があります。風景は山あり川ありで楽しかったですけどね。

良い思い出です。
Posted by キヨ at 2010年03月02日 01:26
●キヨさん

 どもです。僕のママチャリは購入直後にシートピラーを50mm長いものに変えてありました。
 藤沢から青梅は途中に丘陵があって大変そうですね。その代わり道は走りやすそうですが。ママチャリだと必然的にのんびりペースになるので意外に面白いですよね。
Posted by 死せる詩人 at 2010年03月03日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。