2010年08月06日

【今日の読書】奇病連盟

書名
奇病連盟
著者
北 杜夫
出版
新潮文庫
価格
320円
ISBN
4-10-113112-0
bk1
http://www.bk1.jp/product/00160921

 本日読了。古本で書いました。非常に面白くてあっと言う間に読んだのですが、何でこういう本が絶版なのでしょうか。

posted by Dead Poet at 12:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、奇病連盟!
私もこの本大好きです。

「自分の欠点を受け入れ、あるがままを大事にしよう」とかそんなメッセージが込められているのでしょうが、そんなものはどうでもよくて、登場人物のキャラ設定、話の展開、中途半端な結末・・・。
何もかもが素晴らしく、ちょっと頭が疲れたなあと思うときに読むといいクスリになるのですね。
最高です。
Posted by ごし at 2010年08月16日 00:15
●ごしさん

どもです。北杜夫さんの本はまだ数冊しか読んでいませんが、肩の力が抜けている感じがいいですよね。内容が大袈裟になると作者自身が恥ずかしくなって冗句で韜晦しているような気がします。
Posted by 死せる詩人 at 2010年08月16日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。