2010年10月20日

【今日の読書】雪中の軌跡

書名
雪中の奇跡
著者
梅本 弘
出版
大日本絵画
価格
2900円
ISBN
4-499-20536-0
bk1
http://www.bk1.jp/product/01723055

 本日読了。第二次世界大戦初期に発生した、ソ連のフィンランド侵略を契機とするフィンラント・ソ連の戦争(通称冬戦争)の模様を再現した戦史です。読めば読むほど、フィンランド軍の士気や練度の高さに驚かされます。

 ロシアから独立したばかりのフィンランドが、ソ連から不条理な侵略を受けたわけで総じて士気が高いのはまだ理解できるのですが、軍隊の練度は一体どこから来ていたのかが不思議です。特にスオムッサルミの戦いでは、フィンランド軍が2個連隊+1個大隊で3倍にもなるソ連軍2個師団+1個装甲旅団を撃破しているのが凄すぎます(大雑把に言って1個師団=2-3個旅団=4-6連隊=12-18大隊)。

posted by Dead Poet at 23:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。