2011年05月20日

【今日の映画】パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの4作目。前作までは、ジャック・スパロウ船長(ジョニィ・デップ)、ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)の3人の主人公がいて、これに相対する複数勢力――1作目ならバルボッサ率いるゾンビ海賊と英国海軍、2作目ならフライング・ダッチマン号と東インド会社、3作目はより多数の勢力――の間を主人公3人が合流・離散を繰り返し、時に協力し利用しながら飽きさせない展開で進む物語が特長でした。
 しかし今作では、ウィル・ターナーとエリザベス・スワンがおらず勢力間の動的な展開が無いのでやや平坦な物語になってしまっているのが残念です。

posted by Dead Poet at 23:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。