2011年09月13日

D&D4版の忘れがちだけど重要なルール集

 気が付いたら逐次追加する予定です。コメントによる追加も大募集。

  1. 『使用者がクリーチャーに対してパワーの作用を及ぼすと、そのクリーチャーは常に、使用者が自分に何をしてきたのか、使用者がどんな状態を与えたのかを正確に知ることができる』(日本語版プレイヤーズハンドブック、57頁)
  2. 『通常、モンスターが倒れた敵に意図的にダメージを与えようとすることはない』(日本語版ダンジョンマスターズガイド、40頁)
  3. 『パワーが機能するのは目標が使用者にとって相当な脅威となっている場合のみである』(日本語版ダンジョンマスターズガイド、40頁)
  4. 『購入あるいは作成することができるのは自分のレベル以下のアイテムだけである』(日本語版ダンジョンマスターズガイド、125頁)
posted by Dead Poet at 11:51| Comment(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。