2007年05月14日

世界トッププレイヤの使用ラケット分布

 YONEX.COMにある最近(2007年5月時点)の試合結果から、世界のトッププレイヤが使っているラケットの分布を作ってみました。同じ選手が同一のラケットで違う大会に入賞した場合は、複数として数えていません。同じ選手が違うラケットで違う大会に入賞した場合は、それぞれ別に数えています。例えばヒダヤット(Hidayat)は2回入賞していて、それぞれAT700、AT900Tを使っているので別にカウントしています。リン・ダンも2回でラケットは両方ともAT700なので1回としてカウントしています。結果は以下のようになりました。

  1. NANOSPEED-9000S, 19
  2. ARMORTEC-700, 18
  3. Ti-10, 7
  4. ARMORTEC-800DE, 6
  5. NANOSPEED-8000, 5
  6. ARMORTEC-900T, 3
  7. MP-88(MP-80), 2
  8. ARMORTEC-900P, 1
  9. CARBONEX-30MS, 1
  10. MP-99(MP-90), 1
  11. NANOSPEED-7000, 1
  12. NANOSPEED-9000X, 1

 驚いたのは、日本では廃盤になっているTi-10が3位にランクインした事でしょうか。海外ではまだ売られている地域もあるんでしょうか。あとは軒並み新しラケットばかりですね。MP-88(日本ではMP-80)とNANOSPEED-7000以外は、殆どシャフトが硬い目のラケットというのは予想通りでしょうか。

posted by Dead Poet at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | バドミントン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。