2007年08月27日

Red Hand of Doom 1

 Red Hand of Doom(『赤き手は滅びのしるし』)の第1回目のセッションでした。PC3人でClrなしという全滅コース直進だったにも関わらず死者はなし。最初の遭遇が一番危険でしたかね。PCは以下の通り。

  • Boom, Warblade5, Human, 田中画伯
  • Iajahaal, Evokar3/Master Specialist2, Illumian, つかださん
  • Petitplus, Rgr5, Human, 満月

 6レベルになったのでIajahaalにClrのCohortがやって来ます。これで生存確率が1024倍になりますね。皆Potion of Cure Light Wounds/Lesser Vigor/Faith Healingを10本以上持っていて、戦闘が終わるとそれをガブガブ飲むというのは新鮮な光景でした。敵がPotion of Cure Light Woundsを持ってると喜ぶしね。

posted by Dead Poet at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。