2004年11月18日

The Troy Stone

 まずは自分のレベルを計る為に、Penguin ReadersのEasystartsシリーズを1冊読みます。これは出てくる単語の種類が200程度で、総語数も1000前後の非常に簡単な本です。

 これを4分以下で読めたら、レベル1へ、4-10分ならレベル0本を10-20冊読む、10-20分ならレベル0本を40冊読むという感じです。

 それで僕が最初に選択したのが、表題にある『The Troy Stone』です。これを10分丁度で読み終えました。という訳で、これからはレベル0の本を20冊程度読む事にします。

 The Troy Stoneのあらすじですが

  • マーク少年とその家族がトルコへ旅行に行く。
  • マーク少年達はcity of Troy(トロイ市でよいのかしらん)へ。
  • マークはcity of Troyで黄色の石を発見。
  • なんか石が光ったと思ったら、マークはトロイ戦争時期のcity of Troyへタイムスリップ!
  • マーク、アンドロスという兵士の親父と知り合う。
  • マークは木馬を作っている別の親父に気に入られて、何故か木馬に乗って襲撃に参加。
  • 襲撃の時、煙のせいでアンドロスとはぐれる。
  • マークが1人で迷っている所を、ギリシャの兵士に発見される。
  • 「殺さないで」ヒイと叫ぶマーク。
  • と、目が覚めると、そこは現代のcity of Troy。

 夢落ちかよ!!

YL
0
総語数
1,000
累計語数/冊数
1,000/1
posted by Dead Poet at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語の勉強

 現在の僕にとって、普段から触れる英語(英文)というのは2種類しかありません。即ち

  • D&Dのルールブック
  • PC-UNIXのドキュメント(man、info等)

です。当然こんな英語ばかり読んでいては、英語の読解力は偏ります。普通の小説はおろか、英語の(時事)ニュースすら読めません。流石にそれは不味いし、もうちょっとまともに英語が読めるようになりたいので、SSSという学習法で英語の勉強を始めてみる事にしました。

 2日で1冊くらいのペースで読めると良いのですが。

posted by Dead Poet at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | SSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。