2009年01月27日

Brompton M5R

 昨年末、Bici TerminでBromptonの5速化キットの販売を開始しました。事前に予約をしていたのでその他のパーツ交換も含め年明けに早速お願いしました。1週間ほど預けて、生れ変わった僕のBrompton M3R改めM5Rが届いたのは先週の頭です。まだ100kmほどしか走行していませんのでインプレッションは追って行なうという事で、まずは写真のお披露目です。

全体像

後輪全体

Sturmey Archer S5

リム Sun CR18

フロントハブ Pantour Suspension Hub

ヘッドパーツ Chiris King

シフター

 今回の変更点は以下の通りです。

M3RからM5Rへの変更点
BeforeAfter
Sturmey Archer 内装3速SRF3同社内装5速S5
Brompton オリジナル3速用シフターSturmey Archer 5速用シフター
リアスプロケット13T15T
Bromptonオリジナルリム(前後28H)Sun CR18(前28H、後36H)
BromptonオリジナルフロントハブPantour Suspention Hub Delite(28H)
BromptonオリジナルヘッドパーツChris Kingヘッドパーツ
Shimano XTRブレーキ用ワイヤーUNEX製ブレーキ用ワイヤー
BromptonオリジナルBBTANGE LN7922

posted by Dead Poet at 11:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

サイクリングヤマト

 ヤマト運輸がサイクリスト向けに行なっているサービスで『サイクリングヤマト便』というものがあります。なぜかヤマト運輸のサイトには書かれていませんが、JCAのサイトにサイクリングヤマト便の説明があります。この説明の通り、このサービスを利用するにはJCAが発行するサイクリングタッグというものが必要です。これは1000円で購入できて、何度でも使えます。サイトには現金書留で1000円送ってJCAから返送してもらうと書いてありますが、アメリカ大使館の目の前にあるJCAの事務所は仕事場から近いので直接行って購入しました。

 先日Bici TerminiさんBromptonを郵送するためにこのサービスを利用したので、その時の備忘録を残しておきます。

  • サイクリングヤマトを利用するためには、サイクリングタッグと輪行袋が必要。
  • イージーカバーでは不安があったので輪行袋はIKEAのDIMPAを使用。
  • コンビニなどでは受け付けてもらえず、ヤマトの営業所まで行く必要がある。
  • 荷物はヤマト便(宅急便とは違う)の60kg扱い
  • 東京→大阪間で2290円
  • 自転車を送る場合最低50円(5万円保証)の保険料を払う必要がある。今回は200円(20万円保証)にした。
  • 念のため天地無用にしてもらった。
  • 営業所に夜20時過ぎに持ち込み、翌日朝に店に到着。
posted by Dead Poet at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

本日天気晴朗ナレドモ波高シ

 昨日は、年末にロードレーサを購入したSCOOTERと一緒にサイクリングをしてきました。空は快晴。目的地は横浜です。かなり気持ち良く走れたので、走ったりする事に集中してしまい写真は一切撮りませんでした。おおよそのコースは以下の通りです。

10:30 自宅出発

途中R15沿いのコンビニで簡単な朝食@

みなとみらい臨港パーク

ぷかり桟橋

ランドマークタワー

馬車道

赤レンガ倉庫 KUA 'AINAで昼食@

大さん橋@

山下公園

港の見える公園@

山手資料館見学@

外国人墓地 喫茶えの木ていで休憩@

16:30 帰宅

 長居したのは@が付いている所のみで、他は通り過ぎただけです。横浜は1日で見るには見処が多すぎますね。中華街も伊勢佐木も行っていないですし。

 山手資料館とえの木ていが今回のヒットでしょうか。えの木ていはまた行こうかと思っています。

posted by Dead Poet at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

4000!!!

4000km

point of 4000km

posted by Dead Poet at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

Pantour Suspention Hub Delite

Pantour Suspention Hub Delite

 国内のウェブサイトを探しても在庫のある店が発見できなかったので、アメリカにあるPantour本社に注文していたSuspention Hub Deliteが昨日届きました。クリスマスプレゼントをありがとうPantourの中の人。

 SUNのダブルウォールのリムを使ってホイールを組んでもらって、ブロンプトンに組み込む予定です。

posted by Dead Poet at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

4000kmは無理かな

 現時点でBromptonの総走行距離は3750km強という所なんですが、流石に年内に4000kmは無理ですかね。年内残りの営業日全部自転車通勤できたとしても、微妙に大台に届かなそう。2月半ばに購入して10ヶ月半で4000km弱ですから、月平均380km。通勤1往復で平均30kmくらいなので、休日のサイクリングを考慮しても月に10日前後は自転車通勤していたって事でしょうか。

 1800kmの時点でタイヤの前後を入れ替えたとは言え、あと1000kmもしない内にタイヤの寿命がきそうです。そうしたら前後ともシュワルベのマラソンに換えます。

 チェーンはどれくらい保つんですかね。今の所、歯飛びは殆んど発生していませんが、シマノの8速用チェーンだと3000kmくらいで寿命でしたし5、6000kmでブロンプトンのチェーンも限界になるんでしょうか。

 ブレーキワイヤは途中で1度換えていますし、あと消耗品はないかな。でもフロントハブとヘッドパーツのグリスアップはやらないとなぁ。ハブは別の自転車の物をバラした事があるけれど、ヘッドは初めてなので予習の必要がありですね。

posted by Dead Poet at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

スターメイアーチャー内装5速ギア

 大阪のBici Terminiさんで、スターメイアーチャーのS5という内装5速ギアを現行のブロンプトンに組み込む試みがなされています。和田サイクルさんやサイクルハウスしぶやさんでやっている、リアエンドを広げて組み込むシマノのインター8や、Y's系でやっているリア三角を特注のものに替える外装変速機の組み込みに比べ、フレームに特別な手を喰わえずに済む点がS5を使う利点と言えるでしょう。

 実は、このスターメイアーチャーS5ですが半年ほど前に海外通販で僕も入手していました。そのうちどこかのショップに組み込みをお願いしようかと考えペンディングしていた所にBici Terminiさんで同様の試みが始まったのです。渡りに舟と言えましょう。

 さて、ではブロンプトンにS5を組み込む場合のギア比について検討してみましょう。実効ギア比(=クランク1回転で進む距離)というのは内装ギアの場合次のようになります。

実効ギア比 = フロントチェーンホイール歯数 / リアスプロケット歯数 * 内装ギア比 * タイヤ周長

 僕のM3R(内装ギアはスターメイアーチャー製SRF3)の場合、以下のようになります。

  • フロントチェーンホイール歯数: 50T
  • リアスプロケット歯数: 13T
  • 内装ギア比: 1.33-1.00-0.75
  • タイヤ周長: 1300mm

内装ギア比実効ギア比60rpm時の時速
1.33(3速)6650mm24km/h
1.00(2速)5000mm18km/h
0.75(1速)3750mm14km/h

※rpmは1分間あたりのクランク回転数を表わす単位。

 現在はこの3つのギアを用いて走っています。僕のブロンプトンの使い方では、現在の3速よりも高いギア比は不要です。今の3速でも90rpmにすれば35kmは出るので、通勤や散策に使う分には十分なわです。
 他方で、1速よりも低いギアや、1速と2速の間、2速と3速の間にあたるギアが欲しいと思う事はままあります。つまり僕がスターメイアーチャーのS5を組み込む場合、以下のような要件を満たしてくれるのが理想と言えます。

  1. 最大ギア比(5速)の時、現在の3速とほぼ同じギア比になる事
  2. 現在の1速よりも軽いギア比が1つは存在する事

 S5の内装ギア比を示します。

5速1.50
4速1.26
3速1.00
2速0.78
1速0.66

 このようにS5はSRF3よりもワイドレシオになっています(最大ギアと最小ギアの比が大きいという事。S5は230%、SRF3は180%となっている)。従って、S5の5速とSRF3の3速と同じにすれば、当然S5の1速はSRF3の1速よりも軽くなります。

 これらを鑑みた上でフロントホイールとリアスプロケットの歯数を決定すると、以下のどちらかが良いという結論に至りました。

  • フロント50T リア15T
  • フロント44T リア13T

 フロントホイールの方がリアスプロケットよりも高価なので、フロントに50Tが付いている僕の場合はリアを13から15Tに変更するというのが良さそうです。それに歯数が多い方が歯車自体が長持ちしますしね(些末な事ですが)。
 では50-15TでS5の場合の実効ギア比を見てみましょう。

内装ギア比実効ギア比60rpm時の時速
1.50(5速)6500mm23km/h
1.26(4速)5490mm20km/h
1.00(3速)4333mm15km/h
0.78(2速)3419mm12km/h
0.66(1速)2890mm10km/h

 これだけ低めのギアが揃っていると峠越えもできそうですね。ちなみに700x23Cのロードバイクでコンパクトクランク且つワイドなスプロケットを装備した場合は以下のような実効ギア比になります。

↓スプロケット歯数アウター50Tインナー34T
128733.35938.7
138061.55481.8
147485.75090.3
156986.74750.9
166550.04454.0
176164.74192.0
195515.83750.7
214990.53393.5
244366.72969.3
273881.52639.4

 これと比べてみるとS5がかなりワイドレシオだという事が分かりますね。5速は50-16と同等な一方、1速はインナーロウに近いギア比になっています。

 S5を組み込むのが楽しみです。

posted by Dead Poet at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

帰宅

 名古屋駅から品川駅まで新幹線輪行して帰宅しました。とりあえず報告。

posted by Dead Poet at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

東海道の旅4日目

 今日は浜松から名古屋に向けて走ってゆきます。ルートマップでは距離が 120kmとあったので、これまでの旅における最長距離となりそうです。ここま での疲労も考慮して、あまり巡航速度が出せないだろうという推論を立て、朝 は早く出る事にしました。出発は実に6時前。まだ外は薄暗い頃合いです。出 発前に健康ランド内で販売しているホットドッグを朝飯代わりに食べておきま した。

 まずは浜名湖を目指して走ります。東海道を進むわけですが、浜名湖を渡る あたりでは見通しが悪く浜名湖を観察する事ができませんでした。まあ観光し たり写真を撮ったりするのは三の次くらいなのでどんどん走ります。このあた りで腹が減ったのでサークルKでオニギリを2つ購入して2度目の朝食です。 100kmも自転車で走行すると1日の消費カロリィは優に4000kcalを超えるのでガ ンガン食べても全く問題が無いどころか喰わないと危険が危ない。

 湖西を過ぎたあたりから山間に突入して、ちょっとした峠もある楽しい道で した。朝早いので道も空いているしラクチンです。そんなこんなで高専生とは 縁が深い豊橋市に到着です。科技大を見ようかと思いましたが面倒なのでスルー して先に進みます。このあたりはバイパスもなく道も単純で助かりました。し かし昼が近くなってきたため交通量が増えダンプの恐怖再来です。路肩も狭く てとても走れたものではないので、人気のない歩道をひた走りますが、綺麗に 整備された車道とはうって変わってコンクリは罅割れ草は荒れ放題なのでスト レスフルです。

 旧道に逃げたりしながら、東岡崎に到着です。ここで12時くらいだったので、 喫茶店でボンゴレを食べました。この喫茶店、どのメニューも量がいとをかし。 ボンゴレの麺は軽く200gはありました。腹が減っていたにも関わらず残してし まったくらいです。

 しかし東海道を旅してきて思うのですが、やっぱり元城下町って今も栄えて ますね。小田原、静岡、浜松、岡崎、これらの城砦を持つ都市は現在でもそれ ぞれの周辺地域での重要なスポットになっています。結局は「道」なんですけ どね。

 知立あたりのコインランドリで若干の洗濯物をした(このあたりでとても眠 くて洗濯を待ちながら舟を漕いでいました)他は、特筆する事もなく16時には 名古屋市南区にある笠寺に到着。駅前すぐにある健康ランド「湯ーとぴあ宝」 に現在はいます。ここは今まで入った健康ランドのなかで一番豪華ですかね。

 明日は、朝に「名古屋のモーニング」を食べたあとは名古屋観光です。予定 しているのはカトーサイクルに立ち寄る事と可能ならば某山に登山ですかね。 体力が続けば大阪ないし京都くらいまで行こうかと考えていましたが、今日の 走行を振り変えるに限界が近いように感じます。明日か明後日には新幹線輪行 で東京へ帰る事になると思います。

posted by Dead Poet at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

東海道の旅3日目

 昨日の夜は健康ランドのソファでぐっすり眠ることができました。7時半に起床して、天神の湯が朝に無料で提供してくれている、オニギリ(1人あたり2個まで)と味噌汁で軽い朝飯を取って出発です。

 天気予報では今日は晴天、しかも最高気温25度を超える夏日になるとか。まずは静岡駅へ向かいます。コインランドリで2日分の着替えを洗濯しました。丸1日、珈琲を飲んでいなかったのでサンマルクカフェで2度目の朝飯を食べつつ珈琲を飲みました。普段ならさして感動もしないだろうけど美味かった。

 そこからは特に予定もなかったので、国道1号線を一路西へ。静岡駅周辺の市街地を出て、藤枝あたりに来ると山間を走るようになってテンションがあがってきます。静岡に住んでいたことがある高専時代の友人Aのススメもあって昼飯は「さわやか」というレストランでげんこつハンバーグを食べようかと考えていましたが、タイミングが合わず断念。

 藤枝を過ぎたあたりから国道1号はバイパスにメタモルフォーゼしたため自転車では走れず、仕方なく側道を通ります。そこが旧東海道だったりして中々趣のある道が多々ありました。金谷あたりではバイパス化したR1からかなり離されて、若干迷ったのですがガススタの爽やかなお兄さんに道を教えてもらい国1とほぼ併走している県道381を走りました。これがちょっとした峠でしたが、箱根の山を征服した僕にとってはMinionのようなものです。鎧袖一触とはこのことだ。

 軽いダウンヒルの後、掛川あたりに出ました。道の駅「掛川」で昼飯にざる蕎麦を食べ、茶葉を購入して実家に送付しておきました。100g1500円の日本茶はいったいどんな味なんでしょう。

 その後はバイパスにはじき出されながらも東海道を進み天竜川を越えて浜松に到着です。夕飯には2500円のうな重を食いました。うなぎは柔らかくふわっとしていて脂が乗っていながらしつこくなくて美味でした。思わず「これを作ったのは誰だ」と叫んでしまいました(心の中で)。

 浜松駅では静岡以西の部分の地図を購入しておきました。僕がこれまで使っていたのはツーリングマップルの関東版なので名古屋などは掲載されていないのですよね。究極超人のように埼玉県地図だけで日本中を回ることは流石にできません。

 あとは恒例のうなぎパイを各所のお土産用に購入して自宅に送付した後、浜松から10kmほどのところにある健康ランド「お〜風る」に来て現在に至ります。

 今日の走行距離はなんだかんだで100km強というところでしょうか。ルートマップを検索すると静岡駅から浜松駅までは75km程度なのですが……バイパスの呪いだ。

 例のように写真は後日。

posted by Dead Poet at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

東海道の旅2日目

 前日の夜半から降ってきた雨でかなり鬱な上、疲れている筈なのに何故 か寝付けず結局睡眠時間は3時間くらいになってしまいました。雨が落着くの を待って小田原を出発したのは8時半という所でしょうか。ほんの1時間弱で箱 根湯本に到着しました。ここからが天下の険への挑戦になります。

 国道1号ではなく旧東海道の方を進んだのですが、やはり箱根の山は天 下の険です。函谷関も物ならずと歌った鳥居枕は事実を伝えていた事を知った 午前。今まで自転車走った中では一番厳しい道でしたし、その思いは暫く塗り 変わらないと思うのですが、それでも楽しかったです。やっぱり山の中に入る とテンションが上がるのはボーイスカウトの記憶なんでしょうか。木々に囲ま れて苔むした道を息も絶え絶えに徒歩以下のスピードで漕いでいるのに笑いが 出てきます。三子の魂百まで、ですな。見晴らし茶屋付近からの展望は絶景で した。茶屋の屋根に登って『絶景かな絶景かな』と叫ぶ動画を撮影しようと思 わなかったほどです。

 11時過ぎくらいにようやく元箱根に到着して、そこで鴨南蛮を食べまし た。蕎麦を食いながら五郎ちゃんごっこをして遊びました。昼食を取った店は、 花マルマーケットだかでイタリアンジェラートが取り沙汰されたらしいのです が、上りで汗をかき山頂の冷気で冷えた体には辛そうだったので止めました。 甘い物を我慢するなんてっ。しかしテレビで紹介されたのに、その時点での客 は僕一人。平日万歳。蕎麦屋を後にして、次に向ったのは道の駅箱根峠。特に 寄るつもりはなかったのですが折角なので寄りました。別に脚が売り切れてい たわけではありません。信じなさい。そこで静岡から来たローディ3人組とし ばし情報交換をしました。彼等は静岡駅近辺を朝5時に出発して、浅草の雷門 を目指していたようです。走行距離200km! すごい。浅草の美味い物処の情報 を提供しました。代わりにこの先の道の情報を教えてもらいましたが、これが 非常に助かりました。ローディと分れて静岡へ向います。

 沼津あたりを今日の目標地にしようかと考えつつ(何度も言うが脚は売 り切れていない、信じたまえ)、15kmに及ぶダウンヒルに挑戦。途中速度メー タが60km/hを越えてビビりました。リムが熱くなり過ぎてブレーキの効きが悪 くなったら即休憩を入れておきました(別にフルブレーキ続きで握力が続かな くなった訳ではない)。こんなに長い下り坂は初じめて経験しましたが、気持 ち良いですけど恐いですね。ジェットコースタと同じように僕は好きになれそうにない。

 静岡県に入ってからは、好条件が揃っていたので快調に飛しました。そ の条件というのは

  1. 追い風(もしくは無風。追い風と無風の割合は6:4くらいでした)
  2. 薄曇り(静岡県に入ったのが丁度日射しが強くなる頃だったのでとても助 かりました)
  3. 平坦な道
  4. ほぼ自転車専用と言える幅広い側道

というあたりです。しかし沼津から富士あたりって空気悪いですね。旭化 成とか王子製紙のプラントがあってガンガン煙りを吐いてました。僕が住んで いる京浜工業地帯より空気が悪いかも。

 そして18時前には東静岡駅近くの健康ランド『天神の湯』に到着しまし た。今日の走行距離は110km弱です。今は、そこにある端末からSSHで自宅サーバにログインしてこれを書いて います。今日はここに宿泊します。

 少しだけ撮影した写真は後日掲載します。

posted by Dead Poet at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

東海道の旅1日目

 朝8時過ぎに出発して、小田原に15時過ぎに到着しました。駅近くのビ ジネスホテルを取って、現在は万葉の湯という健康ランドでくつろいでいます。 この記事も、その健康ランド内にあるインターネット端末から書いていたり。

 今日の走行距離は80kmちょっとでしょうか。ちなみに昼飯はマクドナル ド、夕飯はパク森という旅を感じさせない仕様になっております。

 少しだけ撮影した写真は後日掲載します。

posted by Dead Poet at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

旅に出ます

 明日から自転車旅行に行ってきます。自宅から自走で東海道を西へ、第一目標は名古屋です。時間と体力と気力と金力に余裕があれば、もう少し足を伸ばしたいと思っています。大阪くらいまで行けるといいかな。帰りは新幹線で輪行します。ちなみに宿も新幹線のチケットも一切予約していません。風の向くまま気のむくまま、ホテルでも民宿でもYHでもファミレスでも漫画喫茶でも雨風が凌げる所で夜を過せれば十分かな。

 ちなみに自転車はALPSのランドナー、クイックエースです。原則ホテル泊のせいか荷物は思ったよりも少なめでした。もうちょっと多くなるかと思って大きなサドルバッグも用意していましたが、フロントのみで十分だった。

posted by Dead Poet at 22:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

サドルの手入れ

 先日Bici Terminiさんから、注文したBROOKS Professional Standard(Brown)のサドルが届いたので、合わせて他のサドルも手入れする事 にしました。写真左から、Team Pro(Black、大鋲)、Professional Standard(Brown)、B17 Special(Honey, Copper Rail)です。B17 Special はブロンプトンに付けているものです。

Three Brooks

posted by Dead Poet at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

BROMPTON走行距離まとめ

  • 08/01 自宅→大手町往復 40km
  • 08/10 自宅→矢口渡 15km(サイコン)
  • 08/17 自宅→秋葉原→復路は輪行 20km(復路は大雨)
  • 08/18 自宅→大手町往復 40km
  • 08/21 自宅→上井草→神保町→自宅 60km(神保町以降大雨)
  • 08/27 自宅→大手町往復 40km
  • 08/28 自宅→大手町往復 40km
  • 08/29 自宅→六本木→大手町→復路は輪行 20km(復路は雷雨)

 チェーンやタイヤの交換時期を確認するために記録していた走行距離も、 サイコンを付けたため今月で 最後となります。

posted by Dead Poet at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

BROMPTONにサイコン

 ついにBROMPTONにサイクルコンピュータを付けました。CATEYEのワイヤ レスSTRADA(CC-RD300W)です。センサから本体までの距離が規定数値ギリギリ なので心配でしたが、なんとか大丈夫のようです。200kmほど走りましたが、 大きな問題はありません。本体表面をクリックするとモードが変わるClickTec は便利ですね。本体もセンサもCC-MC100Wと比べるとコンパクトになりました し。

Cycle Computer

Sencor

posted by Dead Poet at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

BROMPTON新型左クランク

 ブロンプトンの新型左クランクが出ましたね。2009モデルからは標準で装備されるらしいのですが、このクランクにはストッパが付いていてブロンプトンの折りたたみペダルが内側に倒れ過ぎないようになっています。

 2008年以前のモデルの左ペダルは以下の写真のように、どこまでも内側に倒れていきます。これでフレームを傷付けてしまった人も多い筈です。

old left crank

 以下が新型クランク装着時の写真です。黄い線で囲った所を見るとクランクの内側の突起がある事が分かると思います。この突起がある事で、ペダルが内側に入り過ぎるのを防いでくれるのです。

new left crank

posted by Dead Poet at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

レインボーブリッジを渡る

Rainbow bridge in a night

 レインボーブリッジというのは皆さんご存知の通り、芝浦とお台場を結ぶ橋です。この橋なんですが、東京23区南部に住む自転車乗りとしては非常に悩ましい存在だったりします。
 自転車というのは原則として車道(の左側)を走るものなのですが、レインボーブリッジの車道は自転車走行不可です。じゃあ歩道を、と思うと歩道も自転車は走行不可です。んでは自転車を押して歩道を歩こうかと考えると、なんとそれも不可。自転車を持って渡るためには、自転車専用の袋(輪行袋)に入れた上で持って歩かなければいけません。

 地図を眺めれば即座に分かる事ですが、品川辺りからお台場に出るにはレインボーブリッジを渡るのがほぼ最短距離です(もしくは首都高湾岸線)。ここを通らずに自転車で品川からお台場に行こうとしたら、築地から晴海経由という遠回りな道か或いはゆりかもめを使って輪行するしかありません。
 かといって、電車やらに乗るわけでもないのに輪行袋に入れた重い自転車を持って橋を渡るなんて業腹にも程があります。

 そこで考えたのがバスでの短距離輪行です。都営バスには虹01系という浜松町と国際展示場を結ぶ路線があります。これを使ってレインボーブリッジの出入口付近にある停留所間だけを輪行するわけです。

 ブロンプトンならば、

バス停まで自転車でアプローチ

その場で折りたたみイージーカバーに包む

乗車

下車

イージーカバーを外し組み立て

サイクリング再開

という工程が簡単に行なえます。芝浦埠頭駅入口停留所で乗車してお台場海浜公園駅前停留所で下車すればバスに乗っているのは10分未満です。

 問題はこの路線が休日にどの程度混雑しているかでしょう。空気の読める自転車乗りとしては混んでいる電車やバスを輪行に使うわけにはいきませんからね。

posted by Dead Poet at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

BROMPTON走行距離まとめ

  • 7/01 自宅→大手町→川崎→自宅 55km
  • 7/02 自宅→大手町往復 40km
  • 7/09 自宅→大手町往復 40km
  • 7/10 自宅→大手町→六本木→大手町→自宅 50km
  • 7/20 自宅→上野往復 50km
  • 7/23 自宅→大手町→秋葉原→自宅 往復 50km
  • 7/29 自宅→川崎往復 15km

 合計で300kmですね。積算で1800km強ってところでしょうか。見た所、まだタイヤが持ちそうな感じなんですよね。グリップも悪くないですし。どれくらい持つことやら。

posted by Dead Poet at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

BROMPTONのダイナモ接触不良

 BROMPTON M3Rにはリアにダイナモが付いていて、これでフロントライトとテールライトに給電する仕組みになっています。しかしこの標準のダイナモには、かなりの確率で発生する持病があります。一つは、僕が今回遭遇したリード線の接触不良。もう一つはまだ僕は遭遇していませんが、段差を乗り越えた時の衝撃によってかってにダイナモがON/OFFするという現象です。

 調べてみると、接触不良に遭遇した人の対処法が見つかります。

 早速、先人の知恵を拝借して僕も直してみました。職場の大手町から秋葉原が近いので圧着端子を入手するのが楽でよかった。

BROMPTONダイナモ裏面

 工作時間は30分ほど。テストでも問題なしです。あとはもう1つの持病が発症しない事を祈るのみです。

posted by Dead Poet at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。